市川市の葬儀社

家族葬の料金について

最近日本の冠婚葬祭に変化を見ることができます。

結婚式なども昔のように華美に執り行わないのがブームになっています。そのためスマ婚、ナシ婚といった結婚のスタイルが人気になっています。スマ婚とはできるだけ料金を抑えて格安で結婚式を執り行うことです。また葬儀に置いてもこうした格安で執り行うことが人気になっています。現代はデフレ経済であり、なかなか年収が伸びないために、葬式のために100万円以上の蓄えができる人が少なくなっています。そのため安く葬儀を執り行える家族葬や直葬などが人気になっています。家族葬の相場は25万円から50万円程度といわれ、一般葬よりもはるかに安く葬式を執り行えます。棺や祭壇、花や僧侶の手配など、その内容は一般葬と何ら違いありません。違うのは参列者の人数に制限があることです。

家族葬は極限られた親族、家族のみで執り行われ、参列者は多くても十人程度となっています。直葬となると火葬場の炉の前で弔い読経するスタイルになるので会場を貸しきる必要がありません。そのため費用は15万円程度が象場になっています。参列者が少ない家族葬は、寂しい感じがしますが、遺族にとっては非常にありがたい葬儀であると言えます。景気が悪いために、親の葬式費用を捻出できない子供も多くなっており、葬儀費用が安い家族葬は故人の遺族への最期の愛情表現であると解釈することができます。遺族に一切費用の負担をかけたくなければ生前相談で事前に費用を葬儀社に納めてしまうこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *