市川市の葬儀社

家族葬のメリットとデメリットについて

家族や親しい友人など少人数でのお葬式のことを家族葬と言います。

多くの参列者を呼ぶとなるとその対応で忙しくなり故人との別れをゆっくりと行なうことが難しくなります。また人付き合いの範囲がもともと狭いという方もいるでしょう。親しい人だけの集まりなので周囲に気兼ねなく執り行うことができます。ただ、一般的な葬儀を希望する親族がいればその方の理解を得てトラブルが起こらないようする必要がありますし、葬儀後に呼ばれなかった外部の方が弔問したいと訪れその対応に追われる場合もあります。家族葬のメリットデメリットを考えて行なう必要があります。家族葬のメリットとして料金の面もあります。豪華な祭壇が必要ありませんし、少人数のため香典返しや食事なども低価格で行うことができ費用を抑えることができるのです。

一般的な葬儀を行なうとすると全国平均で200万円弱程度かかりますが家族葬なら40万円から100万円程度となるのです。ただ、注意が必要なのは参列者の数が普通の葬儀より減るということは、香典による補填の額も減るということなのです。費用を抑える目的で家族葬にしたのに逆に負担が増えてしまったら困ります。身内だけで行なう葬儀のため身内以外の方に対しては弔問も香典も供物もお断りする、というのがほとんどです。参列する人の方の香典についても辞退するかどうかは参列人数によって決めるようにすればよいでしょう。ある程度参列者が多ければ香典を受け取らないと負担が増えますし、本当に少人数なら返礼品を用意したりという手間の方が増えてしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *