市川市の葬儀社

高齢化に伴い増加する家族葬とその料金について

家族葬は故人が広く対外的なお付き合いのあった方々に参列して頂く一般の葬儀に比べ、家族や親族など「身内」だけで行なう葬儀のことです。

家族葬という形式があるのではなく葬儀の規模を指すもので、最近では「小さなお葬式」などと呼ばれることもあります。従って故人が闊達な交友関係をお持ちであった場合には、多くの方に参列して頂く一般の葬儀にするべきで、「身内」だけで葬儀を済ましてしまうと、後から「何で知らせてくれなかったのか」との叱責を受けるケースが多いので注意が必要です。家族や親族とよく相談して葬儀の規模を決める必要があります。ただ、近年の高齢化に伴い交友関係が薄くなってから亡くなる方が増えたため、東京都では「小さなお葬式」が4割を占めるようになり、一般的になってきました。

家族葬の料金については参列者が一般の葬儀に比べて少ないことから、参列者50名の想定で50万円~70万円が平均の価格帯で、祭壇を飾らない場合は50万円以下で行うこともできます。但し、お寺さんへのお布施平均20万円位は含みません。葬儀社のパンフレットなどで30万円台などと謳っているところがありますが、ご遺体の安置料や役所・火葬場手続き代行費用、寝台車(安置場所~葬儀場~火葬場))、葬儀場利用代金運営スタッフの人件費、別れのお花などの料金が「追加オプション」としている葬儀社がほとんどですから注意が必要で、必ず複数社から見積もりを取るようにしましょう。
市川で葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *