市川市の葬儀社

葬式の費用に関する注意点とは

葬式は不意に起こるセレモニーであるため、いざ行うとなると準備の時間も非常に少なく、思わぬトラブルに巻き込まれることも少なくありません。

特に金銭に関するトラブルが最も多いため、葬式にかかわる費用を事前に知っておくことは非常に重要なことといえます。まず一般的な葬式の費用は平均額として200万前後となっており、故人に縁のある親族、友人、近隣住民の方、さらには喪主の友人や会社の同僚など幅広く参列する方がいらっしゃる場合が該当します。

それは、会場のキャパシティや祭壇の規模の大きさ、そして香典返しや通夜振る舞いといった参列者に対するおもてなしの費用が高額となることが理由となります。ある程度は参列者の方の香典やお供えなどから賄うことも可能となるため、自己出費はそこまで多くはなりませんが、最近ではこうした参列者の数も減少傾向にあるため不用意に大規模な葬式を行なえばそれだけ出費が増えることになります。

そのため故人の親戚、友人関係など葬儀のお知らせをする範囲を狭めたり、新聞のお悔やみ欄の投稿などを行なわない場合は、規模を小さくすることも可能となるため、どこまでの範囲で参列者にお伝えするかをしっかりと考えておくことが必要といえます。小規模で行う場合は、50万円程度から可能となり、通夜や告別式を行わない直送のスタイルであればより低価格で行なうことも可能となります。参列者の数の把握をしっかりと行い不要な規模の祭壇やオプションなどを付けないことがもっととも重要といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *