市川市の葬儀社

葬式の料金をリーズナブルにするには

日本の葬式にかける料金は、世界的に見てもとても高額といわれています。

基本的に葬式の費用は、葬式自体にかかる費用の他にも、列席者への飲食費用、お経を唱えてくれた寺に支払う費用など色々です。このような費用を合わせると、平均して200万円くらいの費用がかかるとも言われています。人というのはいきなり亡くなることも多く、そのような突然の不幸にお金を用意できないと困ってしまう方も多くいます。そのような方に、葬式の料金を安く抑える方法が有ります。そのひとつが、市役所に申請して補助金をもらうことです。あまり知られていませんが、故人が国民健康保険に加入していた場合、喪主に葬祭費が支給されます。

その補助費は、東京23区は一律7万円、その他の市町村では3万から5万円です。補助金は、区市町村の役所の国民健康保険課に申請することで受け取れます。被保険者資格喪失の届出と同時に行えば、簡単です。その他の料金を安くする方法として、直葬という葬儀スタイルがあります。これは、病院から火葬場へと直接搬送して火葬を執り行うことです。まったく通夜や葬式を行わないので、その分にかかる経費を削減できます。火葬にかかる費用は、最低でも20万から25万円程度になります。なので、その分のお金や交通費などを払うだけでお金を抑えられます。このような知識を知っているだけで、リーズナブルに葬儀を行うことができます。困った時には参考にすると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *