市川市の葬儀社

葬儀会場を決めることから準備が始まります

昔とは、異なりここ最近では自宅ではなく葬儀会社のホールを借りて葬儀を行うのが一般的です。

そのために、準備の第一段階はまずどこでするのかを決めることです。この場所選びが、一番のポイントです。場所を決めるということは同時に依頼する会社も決めることになります。その際には、葬儀の形式も決めておくと準備がしやすくなります。例えば家族葬をするのなら、参列者もあまり多くないので小さなホールを借りることで準備ができます。次に考えるのが、最寄りの交通機関があるかです。家族葬でも、家族だけでなく親戚や親しい知人が参列することがあるからです。車があっても、公共機関で来られる場合も考えておきます。

そして、もう一つが故人とゆかりがある場所ですることも候補に挙げておきます。この場所を決めるまでは、生前に決まることができるので時間があり元気なときに色々と探すと、最適なところを見つけることができます。自分の最後を見送る場所を決めておくことは家族にも安心できることです。場所が決まると、葬儀の準備は依頼した会社が全てしてくれます。

こちらが、用意するのはお供えものや遺影用の写真などです。後は僧侶に依頼することや親せきなどの連絡をすることです。このように、通夜や葬儀が始まると慌ただしく時間が過ぎていきます。事前にできることをしておくと、故人との最後のお別れにも余裕をもって臨むことができます。早くから準備をすると縁起が悪いと思いがちですが、そんなことは決してありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *