市川市の葬儀社

火葬式による葬儀にかかる費用

火葬式のメリットは、遺された家族や親族、故人の友人などといった本当に親しい身内だけの少ない人数で執り行われる葬儀であるため、参列した人たちにお渡しする香典返しにかかる費用や、豪華に飾られた祭壇にかかる費用、参列した人たちに振る舞うお食事の費用などといった、高い金額になることに費用の負担がかからないので、経済的な負担を抑えることが可能になります。

また、火葬式のお香典はご遠慮させていただくという形になるのが一般的なため、参列者はお香典を用意する必要がなくなり、喪主は香典返しを用意する必要がなくなります。そして、火葬式はお通夜と告別式が行われないので、一般的な葬儀だと必要になる参列する関係者にする対応は必要がなくなります。

その一方で火葬式にもデメリットがあります。火葬式に参列する親族以外の方が故人とお別れをする機会が与えられないため、残念に感じたり、寂しく感じたりする人が出てくるということです。そのため、葬儀にはお招きしなくても故人の友人や知人には前もって火葬式を行うということを知らせて了承してもらう必要があります。

また、日本では法律上、亡くなってから二十四時間が経過するまでは遺体を火葬することができないため、早くても亡くなった次の日以降に火葬をすることになるため、火葬をするまでの間は故人の遺体を自分の家に安置したり、遺体を火葬まで預かってくれる業者などに頼んで安置をする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *