市川市の葬儀社

一日葬という葬儀にかかる費用

近頃のコンパクトな葬儀を執り行いたいという世間の要望に応える形で誕生した一日葬という形式が注目を集めていますが、一日葬のメリットは、一般的な葬儀ではお通夜と告別式をそれぞれ執り行っていた形式が、一日葬ではお通夜は省略して告別式だけ執り行うことになるので、遺族にかかる費用などの負担が軽くなるということが挙げられます。

具体的には、一日葬は執り行われるセレモニーが一日分だけとなるので、お香典の返礼品や振る舞われるお食事などといった参列する方たちをもてなすためにかかる費用の負担が軽くなるということです。そして、一般的な葬儀のように、お通夜を執り行うときには遠くからお越しになる参列者は宿泊施設で一泊することが必要になりますが、一般葬のように告別式だけしか執り行われない場合は、日帰りで参列することができるため、遠方から参列する方の負担についても軽くすることができます。

一方で、一日葬のデメリットには、一般的な葬儀では、ほとんどの会葬する方が、弔問はお通夜に訪れますが、一日葬ではお通夜を執り行わないため、参列者が告別式に集中してしまうことが挙げられます。また、セレモニーホールなどを借りるときには、お通夜を執り行わないため費用については一日分だけ負担すればよいと考えがちですが、告別式の前の日に準備をする必要があるため、一般葬と同様に二日間セレモニーホールを借りる必要があります。そのため、葬儀社に支払う費用は抑えられますがセレモニーホールにかかる費用は抑えられないことがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *