市川市の葬儀社

火葬式の葬儀にかかる費用

葬儀にかかる費用はなるべく抑えたいという人たちにお通夜と告別式を省略して費用を抑えた火葬式が支持されています。

火葬式の流れは、まず家族の誰かが病院でご臨終を迎えた場合は、病院の指示に従い退院する手続きをとるところから始まります。そして、遺体を病院から搬送し、遺体を自分の家や斎場に併設された霊安室などに安置し、遺体を火葬をするための手続きして、遺体を棺に納め、火葬場に棺を搬送したら、遺体を火葬して、繰り上げ法要を執り行うことになります。

火葬式のメリットは、お通夜と告別式を行わないので葬儀費用が安く抑えられることや、葬儀の時間が短い点、参列する方の接待が必要ないという点などがあります。また、火葬式のデメリットは、お通夜を行わないため、火葬をする前までの間に故人とお別れをするための時間が取れない点や、故人が生前に親しくしている友人などご縁のあった人たちのお別れの挨拶ができる場がない点などがあります。

また、火葬式はお香典の受け取りをご遠慮するのが一般的なのですが、お香典を渡したい気持ちが強ければ、お香典を差し出しても無作法にはあたりません。近頃は、喪主も高齢者で葬儀の後の交友が困難である理由や親族との交友が希薄だといった理由から、お香典を受け取るのを遠慮することが増えています。火葬式で注意が必要な点としてあげられるのは、菩提寺とのトラブルで、葬儀を省略したことについて理解が示されず、納骨や供養を拒まれることもあるため、前もって確認しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *