市川市の葬儀社

一般的な葬儀の流れを理解する

宗教によってや一日葬や火葬葬など葬儀のやり方によって流れが違う場合もありますが、一般的な葬儀の流れとしてはお通夜をして葬儀告別式、そして出棺をして火葬、最後に精進落としというのが通常です。

お通夜は遺族と故人と親しかった人との別れを惜しむという意味があり、故人のことを話してあげるのが供養の一つだと考えられています。また線香を絶やさないようにすることで邪霊を防ぐという古来からの意味もあります。一般的には午後6時ごろから行われることが多く、時間的には1時間から2時間程度が主流です。弔問客は受付をしてから焼香をし、地域によってしきたりが違いますが通夜ぶるまいで食事などをする流れになります。

次に葬儀と告別式ですが、今ではこれに合わせて初七日の法要も一緒に行ってしまう流れが多いようです。これらが終わるとお別れの挨拶と出棺になるのですが、出棺をしてしまうともう故人の姿を見ることができなくなりますので本当に最後のあいさつになりますので、お花をいれてあげたり故人の思い出の品などをお棺に入れてあげるようにします。

そして出棺になりますが、昔からのしきたりとして火葬場へといく時の道と帰ってくるときの道は違う道を通った方がいいとされています。火葬もすんだら最後に精進落としの料理がふるまわれます。これは最後までお付き合いいただいた人たちへの感謝を表すものです。ここまでの流れがすめば、葬儀は終了ということになります。
浦安で葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *