市川市の葬儀社

火葬式という葬儀の流れ

お葬式は一般的には、お通夜の翌日に告別式と火葬を執り行うという流れですが、近頃は、核家族化や少子高齢化などの影響によって隣近所や親族などとのお付き合いが疎遠になっているということもあり、小さい規模の火葬式などを執り行うという人が、首都圏を中心に多くなってきています。

火葬式とは、お通夜や告別式などといった流れの儀式を執り行わず、火葬だけの流れで故人をお送りするものです。火葬式が選ばれている理由には、故人が葬儀にお金をかけることを望んでいない場合や、亡くなったのが高齢であったために、お招きするべき親族や知人がほとんどご存命でない場合、お寺との交流が薄れていって葬儀自体の大切さも薄れつつあることなどが挙げられます。

火葬式は、お金に余裕がない暮らしをしている人や、残された家族に経済的な負担を負わせたくない人にとっても、ありがたい葬儀の形式であるということができます。火葬式でも、お坊さんにお経をあげてもらうことも可能ですし、故人を心のこもった送り出しをすることも可能です。

近頃多くなってきている葬儀の形式であることにより、火葬式について認知している人はまだ少なく、お通夜や告別式を行わない形式に疑問視をしている人も少なくありません。しかし、終活などを通して火葬式は次第にたくさんの人に認知されつつあり、今後の社会動向の流れ次第ではスタンダードな形式になっていく可能性を充分に秘めている葬儀の形式となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *