市川市の葬儀社

一般的な葬儀の流れと手順

身内に急な不幸があって悲しみと混乱の中にいても、故人をしっかりと見送ることは遺族の大切な務めです。

またその一連の流れは一般常識としても大切な知識でもあります。日本では無宗教の人でも仏式で送られることが多いので、もしもの時に備えて仏式の葬儀の流れと手順を日頃から頭に入れておきましょう。仏式でもその宗派によって、またお住まいの地域によって多少の違いはありますが、一般的な流れを以下にご紹介します。まずは臨終の確認です。死亡した場所が病院の場合はその後の手続きがスムーズに行きますが、それ以外では警察の介入がある場合があります。

その場合は死因や死亡状況がはっきり確定するまでは葬儀の準備はできません。また死因が何であれ、死亡してから24時間以内には火葬はできない決まりがあります。死因が特定され、死亡診断書が出てから本格的な準備が始まります。まずは親族や近しい人への連絡とともに葬儀会社に連絡し、遺体を自宅に運んで安置してもらいます。その後、喪主の選定や遺影準備、僧侶への依頼など、式に関しての詳しい打ち合わせをします。

一般的には遺体が自宅に戻った日に詳しい打ち合わせをし、通夜と葬儀の場所や日程が決まってから外部に告知をします。そして翌日の夕方に通夜、そして更に次の日に出棺、火葬という流れになりますが、地域によっては友引の日は通夜や火葬を避けることもあります。またお盆の時期や不幸が集中した日には寺社や僧侶の都合で日程が遅れることもあります。また、亡くなってから7日目には初七日法要という儀式があります。しかし現在では葬儀の当日に初七日法要まで済ませることがほとんどです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *